カテゴリー: 雑記

春バラの季節。

 毎年、この時期はふらっとバラ園に足を運ぶのだけど今年も行って来ました。

春バラ

 お天気も良かったしちょうど見頃だったので規模の割にたくさんの人がバラを見に来ていました。風が強かったのだけはちょっと困ったけど、綺麗なバラを1時間ほど眺めて楽しんできました。来年も行けるといいな。

出光美術館の軌跡。

 出光美術館の『復刻 開館記念展』に行って来ました。

復刻 開館記念展

 仙厓さん目当てに行ったんですが、古唐津や中国陶磁なども見応えありました。
 今年12月以降、ビルの建て替え計画でしばらく休館になるということで少し寂しくはありますね。建て替えがどのくらい掛かるのか分からないけど、また仙厓さんコレクションが見られるのを楽しみにしています。

藤まつり。

 亀戸天神の藤まつりに行って来ました。

 2年ほど前に行った時は終盤だったのですが今回はちょうど見頃だったようで、しっかりと藤の花を楽しめました。

藤まつり

 帰りに亀戸餃子も覗いてみたけど行列が凄かったのですごすご撤退。そのうちまた機会あったらリベンジしたいですね。

お絵描きのこと。

 色々と環境が変わってあまり絵を描く時間を取れないでいるのですが、PCを立ち上げたついでに久し振りにゼロジーを見たらゼロくん忍くんが可愛くて、やっぱりこの二人が好きだなあと改めて感じました。
 私は好きになったキャラクターのことは割とずっと好きでい続けるタイプなんですが、こういうのは熱量の問題と言うか愛はあっても情熱がない周期ってのもあって、描きたい衝動がずっと持続しているかっていうと実はそういうわけでもないんですよね。そもそも変に気負っちゃうと描けなくなっちゃうし。

ZEROG銀河さん

 そんなこんなで気が向いたときに気が向いたまま落書きしてるくらいが丁度良いなと思っているこの頃です。相変わらずPCで描くとペンが滑る感覚があるというか、思ったように線が引けないなーと感じることも多くて儘ならない。今はまだ板タブ使ってますが、液タブだとその辺の違和感は少しマシになるんでしょうかね。

バレンタインと銀座散策。

 実家に送るバレンタインチョコを買いに銀座に行って来ました。
 お昼はいつものように木村屋カフェで軽食。銀座に行くとだいたい木村屋さんに入ってしまうのですが、雰囲気も良くてお気に入りなのです。私はミックスサンド、友達はカツサンドを頼みました。何やかんやお腹いっぱいになりますね。

木村屋のサンド① 木村屋のサンド②

お買い物の後は有楽町までてくてく歩いて一保堂でお茶して帰りました。

一保堂の抹茶セット

老舗のお茶屋さんなだけあって本格的なお抹茶がいただけます。ここのお茶飲んじゃうと普段自分が飲んでいる安物のお茶はもはやお茶ではないのではって気持ちになっちゃうけど。ここ何回かは立ち寄っても混んでて諦めることが多かったので、今回は入れて良かった。また有楽町方面に行った時には立ち寄りたいですね。

光陰矢の如し。

 とっくに新年明けてました。

 今年は法事で実家に帰省したのですが時の流れは本当にあっという間というか自分の自覚している年月の流れと現実がちょっとずつずれてきているようにも感じました。
 私事でまたいろいろと環境も変わりそうなので時間の流れにも気を配りつつ過ごしたいですね。まずはやるべきことに集中したいところ。

忍くん

 正直もうぺけったにはイラストとか置いておきたくないなと思っているので、折角サイトもあることですしこっちメインでらくがきやらなにやら上げていけるといいなあ。ゼロジーとかビックリマンとか描きたいものはちょこちょこあるので気の向くままのんびりお絵描きも続けていこうと思います。

『ゴジラマイナスワン』観た。

 『ゴジラマイナスワン』観て来ました!

ゴジラ

 初代は前にDVDで観た気がするんだけどそんなに詳しくはないのでほぼゴジラ初心者な気持ちで見に行ったのだけどストーリーも分かりやすかったしゴジラの怖さも伝わって来たし面白かったです。
 前情報もなーんにも仕入れてなかったのだけど、割と初代路線という印象だった気はしますね。『シン・ゴジラ』とは別ベクトルの王道っぽさが良かったなーと。

大戸屋ご飯

 映画の後はのんびり昼食。いつもの大戸屋ご飯。ここ、五穀米選べるの有り難すぎる。

ちょっとした感想の吐き出し。

 昨日は久し振りに『スーパービックリマン』のDVDを見返してたんですが、終盤の駆け足っぷりは思う所がない訳ではないけれどひとつの作品として綺麗な形で完結させてくれたことに感謝しかない。

魔皇サラジン

 前編を通して「魔皇サラジンの最期」が一番好きなお話なのですが、最後の最後まで誇りだけは捨てなかったサラジンの姿が孤高で美しくて、単純に主人公たちの敵として雑な片付けられ方しなくて本当に良かったなって思いました。
 最後に剣が飛んで地面に突き刺さるシーンはありがちといえばありがちな演出なのでしょうけど、何となくロコマリ奇跡のアリババの死に様とも重なってダメージ大きいなっていうのは見ないふりをするとして、自分の存在の意味も意義もすべてを失ったサラジンがサラジンのまま最期を迎えられたことだけは彼にとっては最大の救いだった気がしますね。

インディ・ジョーンズ最新作

 『インディ・ジョーンズ』最新にして最後の冒険ってことで観に行って来ました。

インディ・ジョーンズ

 前作のクリスタルスカルの時点でアクションはだいぶ厳しそうとは感じてたのですが、今作は無茶してないというかきちんと年齢と向き合った感じ。作品としては面白かったし個人的には好きだなって思ったけど、良くも悪くもディズニー映画って印象が拭えなかったので、そこだけは少しモヤっとしちゃったかなあ。いや、でもジョーンズ博士の最後の冒険を見届けることが出来たのは本当に良かった。ありがとう、インディ・ジョーンズ。

チキン南蛮プレート

お昼はちょっと遅めになっちゃったのだけど、がっつりめのチキン南蛮。関東に来てからは唐揚げのタルタルソース掛け、みたいなのばかり目にしてたのですが、ここのはちゃんとチキン南蛮でしたね。美味しかった。

『岸辺露伴ルーヴルへ行く』

 公開を楽しみにしていた『岸辺露伴ルーヴルへ行く』を観てきました!

岸辺露伴ルーヴルへ行く

 朝イチの回だったのですがあいにくの天候で友達の乗車予定の路線が遅延してしまって、私だけ一足先に映画館に移動して発券したりとちょこっとばたばたしちゃいましたが無事に合流できて楽しんできました。

 ドラマ化の時も思いましたけど、実写化にあたっての再構築が本当に巧い。原作をしっかり読み解いてプラス要素を付け加えることで初見でも分かりやすいシナリオになってましたね。漫画の実写化は拒否反応も多いとは思うけど露伴シリーズは本当によく出来てると思います。ここら辺はさすが安定の小林靖子さん脚本ってところでしょうか。

 映画の後はお昼ご飯〜!いつもの大戸屋でした。なんやかんやタイミング良く混雑前に入れたので良かったです。

大戸屋ごはん

 久しぶり塩麹を使った料理を食べた気がしますね。一時期ブームになってた気がするけど最近はあんまり聞かなかったような。一人暮らしだとお野菜あんまり摂らないので外食の時くらいはその辺ちょっと意識して摂るようにしてます。

 楽しい1日になりました!

実写版『聖闘士星矢』観てきた。

 聖闘士星矢、2回目鑑賞してきました!

映画のチケット

 何やかんや上映館も上映回もごっそり減ってしまっているので、見られるうちにと思ってたので行けて良かった。1回目よりも細かいところまでじっくり鑑賞できたなと思います。
 実写版、必殺技を叫ばないとか原作通りじゃないって批判もあるんですが、漫画やアニメの文法と実写映画のそれは全く別物だと思いますし、今回の実写化は原作に敬意を払いつつ実写としてリビルドした作品だと思うので個人的には大満足の出来ですね。作り手の敬意や好きって気持ちがきちんと伝わってくる良作。映画館で見れて本当に良かったです。

大戸屋ごはん

 映画の前の腹ごしらえは大戸屋のハンバーグ。普段ひとりなのであんまりあれこれ作らないのでこういう時はしっかり食べておきたいですね。

スパコミと映画鑑賞

 今日はスパコミに一般で参加して来ました!

 サークル参加しているお友達やフォロワーさんに会いに行くのが主目的だったんですが何やかんやお買い物も楽しんでしまいました。レツゴとベイブレードの島をメインに回ってたんですが、SDガンダムのサークルさんも見付けてしまったのでふらふらと引き寄せられてしまったり。イベントはやはり一期一会なのでその時にしか出会えない作品を手に取るチャンスは逃しちゃダメだなと痛感した次第です。

 イベントの後はちょっと寄り道をして映画館へ。
 ツイッターでは賛否分かれているというか、少なくとも初日から暫くはネガティブな意見が優勢だった印象があったので、逆にどんなものなのか気になってしまって友人を巻き添えに観てみることしました。すっかり失念していたのですが、ちょうど水曜のサービスデーだったみたいでお安く済んでしまったのは嬉しい誤算。

映画のチケット

 映画まで時間があったので先に腹ごしらえ。お米が食べたかったのもあり大戸屋にしました。何だか久し振りな気がしますね。豚肉はたまに当たってしまうので鶏肉で。香味系でさっぱり美味しくいただきました。

大戸屋ごはん

 肝心の映画ですが、個人的には面白かったです。原作というかアニメへのリスペクトも凄く感じたし、序盤の展開を時間をかけて丁寧に描いた印象の作品でしたね。一部に酷評されてる理由が良く分からないんですが、まあ必殺技を叫んだり聖衣のデザインがフルアーマーで原作ともアニメとも雰囲気が異なることへの拒否反応なのかな。お話は良かったと思うしネットの感想を鵜呑みにはしないで自分の目で見て欲しい。ネガキャンに負けず頑張ってくれると良いのだけど。